不用品回収の形式とその許可をわかりやすくまとめたサイト

>

不用品回収はニーズがあるが、許可を忘れずに

不用品を回収するなら、まず申請を

不用品を回収する際には、市町村に申請しなければなりません。
家庭から排出される不用品、つまり一般廃棄物の回収処理は市町村によって実施されるものですが、市町村で実施される範囲のみでは対応しきれない場合があるため、不用品を回収する予定の業者に許可を出す場合があります。
それが、一般廃棄物収集運搬業許可と呼ばれるものです。
通常、不用品回収を行なう場合は、この許可が下りたうえで実施する必要があります。
そのため、市町村に許可を申請せずに、不用品回収を行った場合は違法となりますので、注意が必要です。
もし、家庭の不用品回収を行なうビジネスを考えている場合は、必ず許可を申請してから、実施できるように検討しましょう。

許可を貰うのは、とても大変

申請して許可を貰えば、不用品回収ができるならば、申請すればよいと楽観的に考える方もいるでしょう。
ですが、許可を貰うのは簡単ではありません。
なぜならば、不要品回収を行なう際、いくつかの条件を満たす必要があるからです。
例えば、大型の不用品を安全に収集・運搬するための設備が揃っている、異臭が発生する場合の対応も可能であるなど、市役所に技術や能力があることを示す必要があります。
このハードルをクリアするだけでも容易でないことがわかるでしょう。
しかも、不用品回収は本来、市町村のみで行われるからであり、一般廃棄物収集運搬業許可を出すということはそうそうありません。
そのため、不用品回収の許可を貰うことが非常に難しいので、やるからにはそれなりの準備が必要でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る