不用品回収の形式とその許可をわかりやすくまとめたサイト

>

法人の場合は産業廃棄物収集運搬業許可が必要

産業廃棄物の運搬と処分は別々の許可が必要

会社から排出される産業廃棄物を処分する場合、許可が必要であることは誰でも想像できるでしょう。
しかし、許可は1種類とは限りません。
実は、産業廃棄物を運搬することと、処分することの許可は別であり、それぞれ申請が必要です。
安全に運搬することと、正しい手順・方法に基づいて処分することはそれぞれ異なる設備や技術が必要です。
産業廃棄物には大型の機械を運搬することがあり、運搬中に機械を落とさないなどそれなりの車が必要になりますし、また、有毒や爆発の可能性があるものなど危険物を対応する可能性があります。
そう考えれば、別々の許可が必要になることが納得がいくでしょうし、実際、運搬のみを専門とする業者や、処分のみを専門とする業者もいます。
今後、産業廃棄物の回収を考える場合、何を対象とするかも考慮したうえで許可を申請するとよいでしょう。

許可は全国共通ではない

許可を申請する場合、一度申請して終わり、というわけにはいきません。
対象とする地域によっては、何か所も申請が必要になることがあります。
例えば、関東を対象とする場合、千葉県・埼玉県・東京都…など、関東全域でそれぞれ許可を申請する必要があります。
そのため、不用品回収の対象エリアには注意が必要です。
そうでなければ、当初は千葉県のみで許可申請を行ない、不用品回収を行なっていたが、いつのまにか許可が未申請の地域で不用品回収を行なったために違法となった、という可能性もあります。
上記のようなうっかりミスを防ぎ、産業廃棄物を対象としたビジネスで成功するためにも、どのエリアを対象にするべきか、しっかり調査したいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る