不用品回収の形式とその許可をわかりやすくまとめたサイト

>

不用品を買い取ることも考えよう

不用品を買い取って回収する場合は?

不用品を回収する際には、通常、一般廃棄物収集運搬業許可や産業廃棄物収集運搬業許可というものがあります。
それらは、許可を貰うのが難しいものです。
なぜならば、大型のものを運搬できる、危険なものを安全に処分できるといった要件を満たさなければなりませんし、ましてや一般廃棄物収集運搬業許可は既に全国各地に十分な数がいるため、許可を貰うのが容易ではありません。
ただし、これらは処分するための費用を貰って、不用品回収を行なう場合であり、不用品を買い取って回収する場合は、上記2種類の廃棄物収集運搬業許可は不要です。
一方で、買い取ったものを中古のものとしてどこかで売る場合にはまた別に古物商許可が必要となることもあります。
これは、リサイクルショップなどを開いて、中古のものを売る場合に必要となってくるものですので、事前に調べておくとよいでしょう。

古物商許可には何が必要?

不用品を買い取る形で回収した場合、元を取ろうと考えるならば、買い取ったものは中古の品として売るというリサイクルショップのような形で利益を取っていくことが普通でしょう。
この場合、古物商許可を申請することが必要となってきます。
古物商許可というのは、誰かが一度は使ったことがあるものを中古のものとして売るための許可のことです。
古物商許可に必要なものは、今までの行いに問題がないこと、営業所があることといったものが挙げられ、廃棄物収集運搬業許可よりも許可を貰うハードルは低くなります。
このように不用品を買い取って回収を行なうときは許可を貰いやすいので、不用品回収ビジネスを始めるならば、このような形で利益を出すことも考えてみるとよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る